【知っておきたい】プロテインで効果的にダイエットするための注意点

ダイエット
スポンサードリンク

目次



スポンサードリンク

プロテインダイエットで始める健康生活

プロテインダイエットということばでおなじみのプロテイン、よく聞く言葉ではありますが、

一体どういうものなのでしょうか。

プロテインの種類

ダイエットのためにも利用されるプロテインですが、

たんぱく質の含有量によって、2種類に分類されます。

ひとつはタンパク質が80パーセント以上あり、

スポーツ選手が筋肉量を増加させたいときなどに使うもです。

もうひとつは、たんぱく質の含有量がそこまで多くないプロテインです。

たんぱく質がの含有量が少ない代わりに、ビタミンやカルシウム、鉄分など色々な栄養素が

バランスよく配合されているものです。

プロテインダイエットに利用するときには、たんぱく質の量の含有量が少なく、

様々な栄養素がバランスよく含まれているプロテインがいいでしょう。

プロテインの原料

プロテインには、大豆が主原料である大豆プロテインや、卵白を原料とするエッグプロテイン、

そして牛乳から脂肪とガゼインが取り除かれたホエイプロテインなどがあります。

ホエイプロテインは粉状で溶けやすいのが特徴で、飲みやすく、消化吸収が早いことが長所ですが、

アミノ酸が少ないため牛乳を飲むのが苦手な人には向いていないでしょう。

大豆プロテインは値段が手頃で、低カロリーですが、消化吸収が遅いというデメリットがあります。

エッグプロテインの特徴は脂質が少なく、消化吸収も比較的早いのですが、

卵の塩分が含まれているためしょっぱさを感じます。

このようなプロテインの種類ごとの特徴を頭に入れておくと、

プロテインダイエットを行う際に役立ちます。

また、自分の体質やプロテイン利用の目的、運動量などに合ったプロテインを使うことで、

効果的なプロテインダイエットを行うことができるでしょう。

プロテインダイエットを利用する

ダイエットのためにプロテインを利用する場合は、1日に1〜2回の摂取が理想的です。

一定に摂取量を保ち、摂取し続けるということが大切になります。

粉状のプロテインは、ぬるま湯や温めた牛乳に溶かして飲む方法が一般的です。

また、プロテインをフルーツジュースに溶かして飲めば、

一緒にビタミンなども摂取できるので効果的です。

適切なプロテインの摂取量は?

1日のプロテインの適切な摂取量はダイエットのためであれば、体重の千分の一ぐらいと言われています。

60キロの体重なら、プロテインが60グラムということです。

人間が一度に処理できるたんぱく質の量およそ35グラム程度だとされていますので、

一気に摂取することはおすすめできません。

プロテインを摂取する効果的なタイミング

ダイエットのためにプロテインを摂取するタイミングは様々ですが、

いくつか効果的なタイミングがあります。

運動をした1時間以内に摂取すると、運動直後にたんぱく質を求める筋肉に

いち早くプロテインを届けることができ効果的です。

また、プロテインを寝る前に摂取すると成長ホルモンの働きを補助し、

疲労回復に効果を上げることができます。

食事制限とプロテインを組み合わせてダイエットを行う場合は、朝食をプロテインのみ、

あとの2食を普通の食事にすると効果的です。

プロテインの味をいくつか用意して、長く続けやていくことが

プロテインダイエットのポイントになります。

プロテインを利用したダイエットの注意点

ダイエット方法でプロテインを使った場合に注意をすべき点がいくつかあります。

プロテインの飲み過ぎに注意

プロテインをたくさん飲めばダイエットに効果的かというと、そ

ういうものではないと認識することが大切です。

運動をせずにプロテインを摂取していると、プロテインはそれ自体にカロリーがあるので、

体脂肪の増加につながる可能性があります。

適度な運動と組み合わせることが、プロテインダイエットをする時には必要になります。

プロテインを摂取しすぎるとどんな悪影響が?

体にとって不可欠なエネルギーとなるのがたんぱく質ですが、

余ってしまって使い切れなかったときには、悪影響を体に及ぼすこともあるでしょう。

腎臓への負担が増大したり、カルシウムの排出を促進して骨を弱くしたり、

吹き出物の要因になることもあり、体脂肪が増加すること以外にも様々な問題が起こることがあります。

海外のプロテインを利用するときの注意点

最近では、日本国内でプロテインダイエットが盛んになってきており、

プロテインダイエットが盛んな海外から格安のプロテインサプリメントを

個人輸入している人も少なくありません。

しかし、海外のプロテインを購入する際には、商品の成分表示などに気をつけ、

質の良くないプロテインは避けることが重要です。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です