知っておきたいワキガ症状と治療方法

ワキガ
スポンサードリンク

目次



スポンサードリンク

ワキガの症状とは

ワキガ臭い
日本人のおよそ10人に1人が治療によってワキガの症状を改善したいと考えているそうですが、

実際にはワキガの日本人は滅多にいないと言います。

ワキガとはいったいどのような症状のことなのでしょうか?

脇の下から分泌される汗や皮脂が原因で、独得の臭いを発することをいいます。

臭い以外にも、ワキガによってYシャツなどの脇周辺が黄色くなってしまう症状の人もいます。

臭い対策だけなら、制汗剤やデオドラント剤で対策ができますが、日常生活に支障を来すため治療を望む方もいます。

ワキガ体質はヨーロッパの方が多いと言われますが、日本人の場合、ワキガ体質の人が少数派であるため悩みが深刻になります。

ワキガの治療法とは

ワキガ治療

ワキガの治療法には、大きく分けて2パターンがあります。

一つ目は、脇の下を切開し、ワキガの原因となる汗腺を吸引や切除によって除去して原因を元から断つというものです。

二つ目は、ボトックスなど汗を抑える作用があるものをわきの下に注入したり、電気を流したりする治療方法です。

切開を伴うワキガの治療法

ワキガの原因である汗腺を取り除き、患部をレーザーで焼くという治療法あります。

ワキガの症状が特に重いと診断された方に、このようの治療が行われます。

切開を伴うワキガの治療にもいくつか種類があります。

ワキガの治療 剪除法

剪除法とは、皮膚に4センチ前後の切れ込みを入れて1つ1つアポクリン汗腺というワキガの原因とも言われる汗腺を取り除く方法です。

ワキガの治療ではオーソドックスな方法であり、治療を受ければワキガ臭もしなくなります。

剪除法でワキガの治療をすると、脇の下にあった毛はなくなります。

ワキガの治療 皮下組織吸引法

脇の下を一部切開して管を入れ、皮脂腺、エクリン汗腺、アポクリン汗腺を除去する治療方法です。

皮下組織吸引法のデメリットは、汗腺を全て取り出すことはできないという点です。

ワキガの治療 超音波法

脇に穴を開け超音波発赤を入れる治療方法のことを言います。

ワキガの原因となるアポクリン汗腺だけでなく、皮脂腺やエクリン汗腺にも超音波をあてて組織を壊し、吸引します。

超音波を使ったワキガ治療ですから、腋毛などはのこりますので男性には人気の方法とも言えます。

切開を伴う治療には他にも様々なものがありますが、方法によっては手術の痕跡が残ったり、10万〜30万の費用がかかることもあります。

カウンセリングの場で、ワキガ治療について聞きたいことがあれば忘れず確認し、デメリットをしっかりと認識しておくことが必要です。

切開を伴わないワキガ治療

ワキガ治療

メスを使わずに行うワキガの治療法もあります。

脇の下に電気をあてたり、薬を注射することで汗を抑えると言う方法です。

ワキガの治療 ボトックス注射による治療

ボトックスという薬液が、ワキガ治療にはよく用いられます。

ボトックス注射はしわ対策にも用いられるため、知っている人も多いようです。

ボトックスを脇の下に注入するだけで、ワキガの原因である臭いのある汗を抑える事ができるのです。

ボトックス注射による効果は永続的には続きませんので、一定期間おきに治療を受けなければいけないという欠点があります。

ワキガの治療 インフォレーゼ法

インフォレーゼ法とはガーゼに薬品をしみ込ませて脇の下にあて、通電しワキガの治療を行う方法です。

エクリン汗腺やアポクリン汗腺が機能しなくなり、症状が治まります。

ワキガの治療 電気分解法

電気を汗腺に流しこむことで、わきがの治療法のことです。

アポクリン汗腺と毛根にダメージを与えることによって、ワキガの臭い対策を行うというものです。

汗腺口の1つ1つに高周波の電流を流す為、施術自体に長期間かかります。 麻酔が使えないエステなどの場合、痛みが伴うこともあります。

治療にかかる費用や治療効果の確実性など、メリットとデメリット等を検討した上で自分に合ったワキガの治療法を選択しましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です