【育毛にも効果的】一度はやってみたい頭皮クレンジング

頭皮クレンジング
スポンサードリンク

目次



スポンサードリンク

頭皮クレンジングとは?

毛髪と頭皮の関係

頭皮クレンジングの必要性を認識するためには、頭髪と頭皮の関係を知っておく必要があります。

髪が生えるのはご存知のとおり皮膚からです。その皮膚と髪は同じたんぱく質を主な成分としています。

ということは、皮膚を健康に保つことが、健康的な太い髪を作る基盤となります。

それを促すのが頭皮クレンジングです。

この皮膚の部分に着目したのが、頭皮クレンジングというものです。

毛髪の皮膚の下にある根元のところを「毛根」といいます。この毛根の先の部分には「毛乳頭」と呼ばれるところがあります。

ここが頭皮の下にある血液中の栄養や酸素を受け取り、髪の毛を作る「毛母細胞」に送っています。

この時、栄養や酵素を送ると同時に髪を伸ばすシグナルを「毛母細胞」に送るわけです。

この時、毛根や毛穴に皮脂が詰まっていると血液の流れが悪くなり、髪を作り出す力が弱くなります。

頭皮クレンジングは毛髪の汚れだけではなく、頭皮をしっかり洗浄することで毛穴に付着あるいは詰まっている皮脂を洗い流します。

頭皮をキレイにすることが豊かな髪を取り戻すことにつながるのです。また、頭皮クレンジングによって「毛乳頭」の働きを活性化します。

髪を作りやすくするには、毛細血管の流れをよくすることが重要なのです。

健康サロンでの頭皮クレンジング

頭皮のクレンジングをしたい時は、美容院やサロンに行くという方法もあります。

頭皮のケアは今はかなり注目されており、美容院や健康サロンも力を入れています。

頭皮マッサージや頭皮クレンジングは、専門知識のあるプロの手によって行われることで、その効果が倍増するでしょう。

頭皮ケアの効果を高めるために、個々人の髪質や地肌の状況を知り、対応した施術をしてもらえます。

自宅では無理なケアや診断を美容院などでしてもらうことにより、家での手入れでも頭皮をいい状態に保てるようになります。

長期間の根気いい頭皮ケアが毛髪の健康の維持には必要ですが、見当違いな方法で頭皮クレンジングをしていては、頭髪を痛める結果にもなります。

ほとんどの健康サロンではマイクロスコープなどで毛根部分を拡大して毛髪診断を行います。

この時に自分の髪は何が問題なのか、頭皮は今どういう状態なのかを正確に知ることができます。

こびりついたまま落ちない頭皮の角質や皮脂汚れを落とす専用のクレンジング剤を使って、隅々まで洗い流してくれます。

使用するシャンプーは専用の特殊なもので、仕上げにマッサージで地肌をリフレッシュします。

無料体験コースなどがあるサロンや美容院もありますので、頭皮クレンジングに挑戦してみてもいいでしょう。

さっぱりとした心地いい洗い上がりに魅了される人もいるようです。

頭皮クレンジングブラシ

頭皮ブラシ

頭皮をクレンジングする時には、クレンジング剤だけでなく頭皮をケアするためのブラシも使用すると効果があがります。

クレンジングブラシは、頭皮クレンジング剤と同じで、頭皮に残っている皮脂や汚れを取り除くことが目的で使われます。

そうすることで頭皮の血行がよくなり、髪の健やかな発育も促されるのです。

頭皮を心地よくマッサージすることで毛穴を開かせ、皮脂を落としやすくするための専用のブラシが、頭皮クレンジングのブラシなのです。

クレンジングの際爪を立てずに指の腹でやさしく洗うような刺激を頭皮に与えることができ、正しい洗髪ができるのです。その形状もブラシ式のものがあれば、手のひらにすっぽりと収まる円形のものなどもあります。

頭皮クレンジングブラシにはマイナスイオンを出すものや、充電式でミクロの振動を発生し、頭皮をマッサージするものもあります。

頭皮クレンジングブラシのブラシ部分はたいていソフトなシリコン製ゴムなどでできているため、太めで柔らかいのです。そのために頭皮を不用意に傷つけるというような心配もありません。

揉むように優しく洗うことが頭皮クレンジングの一番いい洗い方だ言われています。自分の指だけで揉もうとするとついつい爪を立ててしまいやすく、なかなかやさしく洗えなかったりします。

同じ場所に何回も脱毛剤を塗ることは、テープを剥がす刺激を何度も与えることになるので、避けるようにしましょう。

自宅で使ってみたい頭皮クレンジング剤

頭皮クレンジング剤には、シャンプーの前に使って汚れを浮かせ、シャンプーが使いやすくするものがあります。

シャンプーの代わりに使う頭皮クレンジングシャンプーなどもあります。

お化粧の場合は、ファンデーションや口紅を落とすときに、まずクレンジング剤でメイクを浮かせたあと、洗顔料で洗い流すのが普通です。

頭皮のクレンジングの場合も同じなのです。

蓄積されたスタイリング剤や毛穴に詰まった皮脂汚れ、古い角質などを頭皮クレンジング剤で浮かせ、効果的な洗髪を行うのが目的です。

頭皮クレンジング剤のセールスポイントは、シャンプーでは落とせない頭皮の汚れを落とすことです。

それで頭皮クレンジング剤の洗浄力はシャンプーより高くなっているのが普通です。

そのため、クレンジング剤の頭皮への刺激はどうしても強くなり、使う頻度も週1〜2回等と制限されることが多くなってしまうのです。

頭皮クレンジング剤を使うと頭がぽかぽかしてきます。

使用後スッキリした感じがするのは、ミントの香りなどの効果があるでしょう。

頭皮クレンジング剤で洗うだけでなく、ゆっくりマッサージをすることによって頭皮はすっきりした上にリラックスすることもできるでしょう。

柔軟な皮膚の状態を保ち血流をよくすることが期待できます。

頭皮クレンジングで育毛を

男性、女性問わずに、抜け毛や薄毛に悩む人がふえているようです。

年々強くなる外的な紫外線によるダメージやストレス社会の中で繰り返される脂質の多めの食生活や十分な睡眠がとれていない生活習慣など。

女性でも脱毛に悩む現代です。男性においては3人に1人の人が悩んでいます。

当人にしか分からない悩みが抜け毛、薄毛などです。これはほんとうに深刻な問題です。

ただでさえ、悩んでいることも人に話せないという人が多いにもかかわらず、薄毛やカツラなどはジョークのネタに使われてしまいます。

とはいえ、最近では抜け毛、薄毛のメカニズムもかなり解明され、発毛、育毛の技術のかなり進歩しました。

最近では、ヘアケア用品として発毛市場にとどまらず、一般に出回り始めたのが頭皮クレンジグです。

頭皮クレンジングはスカルプケア、スキャルプケアともいい、髪の生える頭部の地肌のケアのことです。

頭皮クレンジングは重要です。痛んだ毛髪をケアするのは大事ですが、目に見える表面のヘアケアだけでは育毛としてはなり立たないのです。

頭皮クレンジングは、頭皮を健康に保つことで、より毛根に栄養などが行き渡るようにしています。

それに着目しているのが頭皮クレンジングなのです。頭皮クレンジングによって根本の原因を取り除いて太く強い髪を作り出すことを目的としています。

頭皮クレンジングの注意点

頭皮クレンジングは頭皮の健康のためにとても有用なことです。

しかしきれいにしたいと思いすぎて、頭皮をクレンジングしすぎることは、逆に頭皮を傷めてまうことになります。

自分の頭皮がどういうタイプかを知ることは大切なことで、それにより皮脂過剰かどうかもわかり、クレンジング剤の使い方も正しくなります。

頭皮の皮脂をしっかり取り除くことが良いことと考えている人がいますが、取りすぎはいいことはありません。

確かに毛髪の発生という点から言うと、皮脂が多すぎることは毛根や毛穴を詰まらせるので良くありません。

大切な育毛成分までも失ってしまうことを防ぐには、必要以上に頭皮クレンジング剤を使わないことです。

また頭皮クレンジングを繰り返して皮脂を取り続けていると、頭皮が常に不足した皮脂を補おうとするようになるのです。

皮脂腺が肥大化しどんどん皮脂量が増えていくこともあります。頭皮クレンジング剤の脱脂力、洗浄力は、それくらい強力なのです。

あまりに頻繁に使い続けると、目には見えないけれど、小さな傷を無数に頭皮に作ってしまうことにつながります。

頭皮クレンジング剤は微粒子で皮膚の汚れを落とすので、小さい粒が地肌をこすっているために起こることです。

頭皮クレンジングをしすぎると、育毛剤などをつけたときにとひりひりしてしまうこともあるので、注意しなければなりません。

スポンサードリンク
頭皮クレンジング