【ピーリングで美肌を目指す】にきびやくすみに効果的なピーリング石鹸・ジェルの使い方

ピーリング石鹸
スポンサードリンク

目次



スポンサードリンク

ピーリング石鹸とは

エステサロンでも利用されているピーリング石鹸

エステサロンでは、ピーリング石鹸と呼ばれる美容石鹸を使用しています。

エステ関連の宣伝などで、ケミカルピーリングという言葉を聞くことがありますが、実際には、どんなことを行うものなのでしょうか。

肌のトラブルはさまざまなものがありますが、にきびやにきび跡、そしてしみ、しわ、それからくすみなどにも、

酸を使うことでこれを除去することができるのです。

酸を使うと聞くと、少し気になるケミカルピーリングですが、使われる酸はとても弱いものです。

自宅で簡単に行えるケミカルピーリングケア

ピーリング石鹸を使えば、普通エステや医療機関でしか行われないケミカルピーリングのケアを自宅で行うことができます。

エステサロンでのケミカルピーリングは専門のケアで効果的ですが、大変高価なエステではあるので、

もっと安価で手軽に行うには、薄い酸が配合されている、ピーリング石鹸で、洗顔するといいでしょう。

ピーリング石鹸は1セット11個なので、価格は2000円くらいと普通の石鹸に比べると少々高めですが、使い切るには約1ヶ月程かかります。

少しケアにお金がかかりますが、エステサロンに通うのに比べれば、安価で済みます。

このようにエステでのケアのような特別なことをしなくても、自分で簡単ににきびをケアしていけるピーリング石鹸は、

美容健康商品として高く評価されています。

 

ピーリング石鹸のメリット

ピールング石鹸の気になる効果は??

ピーリング石鹸は、肌のいろいろなトラブルを解消してくれます。

ピーリング石鹸を使用すると、実際にどのような効果が出てくるのでしょうか。

にきびを改善することだけが、ピーリング石鹸がもたらす効果ではないありません。

過去のニキビ跡やシミ、シワ、そばかすなどのお肌のトラブルも取れる可能性がある石鹸です。

ピーリング石鹸の力は、肌に残った古い角質を溶かすことで、にきびの跡も同時にきれいにしてくれるのです。

なぜピールング石鹸は肌トラブルに効果的なのか??

ピーリング石鹸が古い角質を溶かし落とすと、その後には新しい皮膚が現れるのですが、

それを繰り返すうちにしみやそばかすなども消されるのです。

古い肌には不純物や傷などがあるのでピーリング石鹸を使って古い角質を取り除いて新しい肌になると、

キメの整ったきれいな肌が出てきてくれます。

エステサロンに通えない人でもピーリング石鹸を使えば毎日自宅で気軽に洗顔をするだけで、

ケミカルピーリングの効果が得られるのです。

このような点が、ピーリング石鹸のもつ魅力のもっとも大きなポイントでしょう。

ピーリング石鹸の使い方

ピーリング石鹸を利用した効果的な洗顔の方法

ピーリング石鹸できれいな肌を取り戻すには、どのような方法で洗顔したらいいのでしょうか。

ピーリング石鹸を使う前には、あらかじめ顔をぬるま湯でぬらしておきます。

しっかりした泡をたてるのがピーリング石鹸を使う際の大切なことで、それにはネットを利用してあわ立てると簡単にたくさんの泡が立てられます。

特に角質が残っているようなあごやおでこなどからマッサージするようにして洗い、

それは円を描くような感じでくるくる回しながらマッサージするといいでしょう。

ピーリング石鹸で洗うときは指で洗わずにあわ立てた泡で洗うような感じで洗顔するようにします。

ピーリング石鹸は指を使って洗顔すると肌を傷つけてしまう心配があるので気をつける必要があり、

また唇や目元にはピーリング石鹸がつかないようにしなければなりません。

気になる部分にだけ泡をつけて3分ほど放置すると効果が高まりまが、

肌の弱い人は放置する時間を少し短くしないとピリピリしてくるので、その場合はピーリング石鹸の泡をすぐに洗い流します。

泡をつけて少しの間待ったあとは、泡が完全になくなるまでしっかり洗い流すようにします。

ピーリング洗顔後は保湿ケアを忘れずに

ピーリング洗顔後の肌は、とても敏感で乾燥模しているので、しっかり保湿してケアをしましょう。

非常に溶けやすい性質のピーリング石鹸は、使用後にしっかり水分を切るようにしないと溶け出してしまいます。

お風呂場などにそのまま残しておくと湿気で溶けやすいので放置するのはやめましょう。

ピーリングジェルとは

ピーリングジェルは肌に溜まった汚れをスッキリ落とす

ピーリング化粧品で、ジェル状になっているものを、ピーリングジェルといいます。

ピーリングジェルを使うときは、洗顔を済ませてから、顔の水分を取った状態で使います。

適量のピーリングジェルを手にとって伸ばし、マッサージをすることで、かすのようなものが出てきます。

肌にたまった汚れや角質が、このような形でかすになって出てくるのです。

ピーリングジェルを使う人は、こんな肌の汚れが落ちる様子がはっきりわかるような感じが、心地よいそうです。

ピーリングジェルでのマッサージを終えたあとは、ぬるま湯で残りのないようにきれいに洗い流します。

ピーリングジェルによってマッサージをするときは、強くこすったりすると肌のきめが壊れるので、

力を入れずに指先でやさしくマッサージするようにすると効果的です。

ピーリングジェルの使いすぎには要注意

ピーリングジェルを使用する際は、どうしても古い角質や汚れを落としたいという気持ちが出てくるのは分かりますが、

逆に肌を傷つけては本末転倒になってしまいます。

ピーリングジェルで肌をケアすると、肌表面は古い角質が取り除かれて均等になり、

肌に通り道ができて化粧水の成分が容易に吸収されるようになるのです。

ピーリングジェルを使用すれば、美肌成分はより浸透するようになるのです。

たとえば肌がざらざらしていたり、くすんで疲れているように見える人、また毛穴が目立つ人にもお勧めの商品です。

また、にきび跡が残っている人や化粧ののりが悪い人、そして肌が弱くてピーリングに踏み切れない人も、

ピーリングジェルを試してみるといいでしょう。

ピーリングジェルを選ぶ上での注意点

ピーリングジェルを選ぶ際には、ph(ペーハー)に注目しましょう。

皮膚科で使用されるケミカルピーリング剤のphは1〜2です。

自宅でのピーリングに使う場合は、ph4〜5くらいのものを使うと安全だといわれています。

もちろん、高濃度かつ低いpHのピーリングジェルは、絶対に危険ですので安易に使用しない方が賢明でしょう。

ピーリングジェル使用のメリット

ピーリングジェルの効果は、乾燥肌の角質を整え、毛穴の汚れをきれいに取り除くことなのです。

表皮の基底層で日々作られる細胞が変化して、表面の方へと押し上げられていくのが角質細胞といいます。

古くなった角質細胞が、約28日の周期であかとなって肌表面から落ちること、これが肌のターンオーバーなのです。

ピーリングジェルを使えば、この肌のターンオーバーが正常な状態になるのです。

肌がこのターンオーバーを正常に行っていると、肌は健康で若々しさを保っていくことができるのです。

乾燥などのトラブルを起こした肌はターンオーバが乱れ、古い角質が肌の表面に残ってしまいます。

肌がごわごわになったり、くすみができてしまったりします。

このような肌トラブルをなくすには、ピーリングジェルを用いた角質ケアが効果的なのです。

ピーリングジェルを使って肌再生を円滑に

ピーリングジェルを使用して、肌表面の不要な古い角質を取り除いて、ターンオーバーを円滑にすることによって、

乾燥肌を改善し潤いのある肌を再生します。

ピーリングジェルを使うときにひとつ気をつけることは、肌に必要な角質まで取り除かないようにすることです。

ピーリングジェルにより必要な角質まで取り除くと保湿力、防御力が足りない角質細胞が生まれます。

それで肌がトラブルを起こしてしまうことになるので、気をつけなければなりません。

ピーリングジェルの使い方

ピーリングジェルの使用頻度

ピーリングジェルは、肌の余分な角質や汚れを落としてくれるのですが、どれくらいの頻度で使うと効果が出るでしょうか。

アメリカなどの外国で使われているピーリングジェルは、一度使用するだけで肌に変化が現れるといわれています。

日本国内で行われているフルーツ酸配合のピーリングジェルの場合には、必ず回数を重ねて使用する必要があります。

これは肌にできるだけ負担を与えないようにしながら、ピーリングの効果を得るためなのです。

日本で使用されるピーリングジェルはピーリングの作用が緩やかなので、洗顔時に繰り返して使うのです。

ピーリングジェルを上手に使う方法は、まず使い始めは毎日か1日〜5日おきに使用し、

ある程度溜まった角質が落ち、肌を触ってみて変わったと感じるようになったら、数日おきにと変えてみましょう。

ピーリングジェルをどのような頻度で使うかは、その商品の種類によってそれぞれ違いますので、

使用方法をしっかり読んで、適切な使い方をしましょう。

ピーリングジェルを利用する効果的なタイミング

ピーリングジェルを使用する際は、夜のスキンケアタイムを利用するのが一番いい方法です。

洗顔を済ませてから、顔の水分を取った状態で、ピーリングジェルを10円玉ほどの大きさにして手の平に取り、

顔の中で脂っぽいところなど気になる部分につけた後、そこから優しく指で伸ばして行くような感じで顔全体にまで拡げます。

毛穴の奥に残った皮脂や化粧汚れ、古い角質などがポロポロと浮き上がってきます。

この時、強くこすると、逆に肌を傷めますのでご注意してください。

最後は浮き出たカスをぬるま湯(または真水)で洗い流し、ピーリングジェルの流し忘れがないようにきれいに落としましょう。

そのあとタオルで拭くとき、ゴシゴシとふき取るのではなく、肌をいたわるようにしながら水分を押さえて拭くようにしましょう。

ピーリングジェルでの洗顔が終わったら、肌の乾燥を防ぐためにたっぷりの化粧水で水分を補って、乳液やクリームなどで充分に保湿することが大切です。

ピーリング化粧品の種類

ピーリング化粧品を選ぶ際の注意点

ピーリング化粧品の種類には、AHAピーリング、サリチル酸ピーリング、サリチル酸マクロゴールピーリング、TCAピーリングと様々です。

グリコール酸(フルーツ酸)を使ったケミカルピーリングは、日本において自宅でもできる一番人気といえるピーリング化粧品です。

ピーリングの効果は、日本人や韓国人、中国人などの黄色人種の人が持つ肌質に対して、大きすぎる場合があり、そのためにお肌にシミができてしまうときがあります。

強いピーリングはあまり適さないと言われています。

日本人には低濃度のフルーツ酸を利用したピーリングがオススメ

化粧品を使ったピーリングの方法の他に、施術によるピーリングがありますが、この場合グリコール酸(フルーツ酸)がうまく利用されていることがあります。

黄色人種の肌質でも安全で効果的にピーリングができるようです。

もうひとつ、ピーリング効果をもたらす成分にリチル酸がありますが、これは医薬品として合成されたものとしては初めての有機化合物の一つです。

このようなリチル酸でピーリングを行えば、グリコール酸ピーリングではあまり効果が出なかった方や、

ひどいニキビ跡が悩みの種だった方、小ジワが気になっている方なども満足を得られることでしょう。

ピーリングで使われるリチル酸は、エタノールに解かしてから用いられています。

しかしこのリチル酸使用後に炎症などの副作用が起こる場合があることがわかり、安全面を再度検証する必要があるようになりました。

そういうわけで、ピーリングは施術として受けるのは大変を伴う危険なことでもあると言われるようになりました。

このようなわけで、日本人のように色素の多い人がケミカルピーリングを行う場合には、

副作用の心配のない低濃度のフルーツ酸を繰り返し塗布する、というやり方が一番安心な方法のようです。

オススメのピーリング石鹸・ジェル

医療機関などで適切な処方などを受けてから購入することが一番望ましいですが、

amazonなどのネットショップなどで口コミなどを確認して購入することもおすすめです。

ピーリング石鹸・ピーリングジェルなど、肌に利用するものは、効果に個人差があるものです。

ネットショップでは様々な人の使用感などの感想が書かれていますので、それを参考に選べば失敗も少なくるでしょう。

 

スポンサードリンク