【脱毛を検討中の方へ】知っておきたい医療脱毛の基礎知識

病院
スポンサードリンク

医療脱毛とは

ムダ毛の処理に頭を悩ませている人は多く、医療脱毛を利用する人も増えてきています。

肌にかかる負荷を考えた場合、自宅での頻繁な脱毛はあまりいい方法とは言えないのかもしれません。

エステの脱毛コースで処置をしてもらうというやり方もありますが、医療機関や美容クリニックでのレーザー脱毛もいい方法です。

レーザーはメラニンなどの黒い色に反応するようになっているため、毛根にレーザーを吸収させ、熱反応による脱毛を行います。

ムダ毛を速やかに処理できることだけが、医療脱毛のメリットというわけではありません。

単にムダ毛がなくなるだけでなく、毛穴が締まってなめらかな皮膚になることができます。

エステではあつかえない出力でのレーザー光が、医療脱毛では利用できます。

美肌を求めてムダ毛ケアを行う場合はエステの方が行き届いていますが、医療脱毛は皮膚科の治療行為として脱毛をします。

肌への負担をかけずに効率的な脱毛をすることを重視しており、広い範囲の処置が可能です。

万が一の肌トラブルが起きた時でも医師が対処可能なので、安心感が強いというメリットもあります。

保険が使えない処置であることが多いため、医療脱毛は基本的に割高です。

ここ数年では、エステの脱毛価格と同じくらいで医療脱毛が受けられる施設もあります。

医療脱毛を受ける時は色々とチェックしてみてください。

医療脱毛の仕組み

脱毛剤
医療脱毛は、脱毛したい部分に脱毛力のあるレーザーを当てるという方法です。

一体どんな理由で、レーザー光でムダ毛の脱毛をすることが可能なのでしょう。

メラニン色素のような黒いところに、医療用のレーザーは反応します。

レーザーを照射すると黒い毛の部分にレーザーの熱が集まり、新しい毛を作る役割を持つ毛母細胞を破壊します。

肌の黒くない部分は、レーザーをあてた時だけは熱が集まりますが即座に冷却されるため、細胞が壊れてしまう心配はなありません。

メラニン色素の作用で皮膚が黒くなっていると、そこにも熱が集まるためレーザー脱毛ができません。

日焼けやほくろ、乳首などです。

脱毛可能な部位かどうかは、スキンチェックを受けて肌の状態を確認すれば判断可能です。

うぶ毛や黒くないムダ毛にはレーザーの熱が集まらないため、レーザー脱毛の効果が期待できません。

とはいえ、脱毛技術は年々進歩しているため、現在は無理でも今後うぶ毛の脱毛ができるようになる可能性もあります。

基本的に毛とは再生力が強い組織なので、十分に破壊しなければ再び生えてきます。

熱を集めて毛母細胞を壊すといっても、高出力で肌にレーザーを当てると、肌のほうがダメージを被りかねません。

毛根にだけ作用し、皮膚には影響がないように、レーザーの強さや照射時間を検討した上で医療脱毛は行われますから、心配することはありません。

医療脱毛のポイント

医療脱毛を受ける場合、どういった点に気をつけるといいでしょうか。

医療脱毛はムダ毛の再生を抑制し、毛穴を引き締めなめらかな肌にしますが、利用する前に心がけて起きたいことがあります。

日焼けをしている状態では、医療脱毛は避けましょう。レーザーの光はメラニン色素に反応して熱を集めますので、日焼けをしていると肌に対しても熱が集まることになります。

メラニン色素が沈着しているあざやほくろなども要注意の部分です。

レーザーの光で毛根を確実に破壊するためには、毛抜きで毛をまるごと抜いてしまっていると効果が半減します。

レーザーによる脱毛は、毛根に熱を集中させることで作用します。

毛抜きを使うと毛根も抜けてしまうため、脱毛効果を得ることができません。

毛根を残すためには、シェーバーやかみそりなど毛を剃る道具を使うといいでしょう。

医療脱毛は一度行ったことを元に戻すことはできません。やってしまってからでは遅いということは理解しておくべきです。

事前のカウンセリングでわからないことは全て聞いておくことです。

スキンチェックやテスト脱毛はカウンセリングの時に行い、いざ脱毛の段階でトラブルが起きないようにします。

納得のいく医療脱毛をしてもらうためにも、カウンセリングや問い合わせに真摯に答えてくれる医療機関を選んでください。

【自宅でできる!】簡単脱毛の始め方

2018.10.12
スポンサードリンク
病院