【痩せる食事のポイントとは?】食事改善から始めるダイエット

スポンサードリンク

目次



スポンサードリンク

痩せる食事とは

痩せることを目標にするなら、食生活の改善が効果的です。

毎日の食事を変えることだけでも痩せることができるとわかっていても、なかなか食事の改善は手につかないものです。

毎回の食事で摂取している栄養素を把握したり、調節するのは難しいことなので、太りすぎない食事を心がけましょう。

痩せる食事のポイント

痩せる食事の一番のポイントは、脂肪と糖質を抑える事です。

油脂の多い食事の目安としては、揚げ物や肉料理など肉や油を使っているかどうかです。

消費カロリーを以上のカロリーを食事で摂取してしまうと、余ったカロリーが脂肪になります。

脂質と同じく太りやすい成分としては糖質があります。

甘い果物やデザート類は糖質が多いのはもちろん、ご飯やパン、いもなど炭水化物も糖質の多い食材です。

食事を見直す際には、炭水化物の摂取についても気をつけるようにするといいでしょう。

なぜ、糖質の摂取量が多いと体重が増えるのか?

糖質にはでんぷんが豊富で、脂肪として蓄積する作用があるからだと言われています。

脂質を控えても、糖質を控えていなければ、結果として脂肪が蓄積さてしまうのです。

食事改善を行うことで痩せるのなら、糖質と脂質の少ない食材や料理法を選んでいくことが重要です。

ダイエットと食事の回数の関係性

食生活を改善して、痩せるためには食事の回数にも注意が必要になります。

朝食を抜いてダイエットをするという人もいますが、朝はきちんと食べた方が痩せると言われています。

一食抜いてダイエットにすると、空腹状態が続き、ストレスが溜まってしまい、逆に大食いしやすくなります。

カロリーを長時間摂取しないでいると、身体が飢餓状態に陥り代謝を落としてエネルギーを節約します。

結果、カロリーを使わず、貯め込む体質になってしまうため、ダイエットしにくい体質になってしまうのです。

痩せるためにと、食事の回数を減らしてカロリー量を少なくすることは逆効果です。

効果的に痩せる為には、食事の回数は朝、昼、夜と、きちんと3回食べるのが一番良いのです。

1日3回の食事を、バランスよく腹8分目に食べれば十分に効果的なのです。

腹八分でも満腹できるように、食事はよく噛んで食べるよう心がけましょう。

十分に咀嚼することで、少量の食事でも満腹中枢を刺激し、空腹によるストレスを感じずに済むようになります。

カロリーが高くなりそうな食事を控えることはもちろんです。野菜類など歯ごたえのあって低カロリーな食材を使い、食べすぎに注意してよく噛んで食べることで、食事での痩せる効果があるといいます。

痩せる食事とたんぱく質

食事で痩せるには、たんぱく質の摂取量を重視してください。ダイエットを実践しているのに、体重が減らないという方もいます。

簡単に痩せられない人の多くは1日の食事の摂取カロリー不足のために、体が低消費モードになってしまって基礎代謝が落ちていることが考えられます。

体温や内臓機能を維持するために、どうしても必要とするカロリー量を基礎代謝といいます。

何らかの理由でカロリー補給量が低下すると、体は基礎代謝量を減らします。

少ないカロリーで長く生きていけるよう、エネルギー消費量を減らそうとします。

体内に補給されるカロリーはできるだけ使わず貯め込んでおくことで、長く生きようとします。

結果的に、痩せるために食べ物の量を減らしたことで、体脂肪が増えやすく、エネルギー消費の少ない体質になり、ダイエットを難しくしてしまいます。太りやすい状態にしない為には、たんぱく質が必要なのです。

ただカロリー摂取量を減らすだけでなく、筋肉量が減らないように適度に鍛えることで、痩せる身体づくりが可能になります。

筋力をつけることで、基礎代謝が上がり痩せやすい体になります。筋力をつける為にも、食事内容に気を配ってたんぱく質を摂取することが必要不可欠になります。

食事を見直す場合、肉類や油を使った料理をできるだけ控えなければいけないと思っている方もいるようです。

痩せる食事を考えるならば、適度に肉類をたべて、たんぱく質を取り入れて、健康的に痩せるようにしたいものです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です