ダイエットを始める前に押さえておきたい食事の基本

サラダ、食事
スポンサードリンク

目次



スポンサードリンク

ダイエットは食事から

食べ物

自分の体重が気になり始めた人が、ダイエットを始める際にまず、気をつけはじめるのは食事ではないでしょうか?

何も調べず、自分のやり方で食事制限をする人もいれば、極端に食事の量を減らす人もいるでしょう。

しかし、このようなやり方を行っていると、かえって太りやすい体質を作ってしまったり、健康を害してしまうことがあるので注意が必要です。

では、食事制限でダイエットをはじめる場合、どのようにに食事を摂ればいいでしょうか。

自分が太った理由を考えよう

まずはダイエットを始める前に自分がなぜ太ってしまったのかを考えてみましょう。

摂取しているエネルギーが消費エネルギーより多い場合は、太ってしまうのは当然なことです。

普段から食べすぎてしまっているのか?

運動不足が原因なのか?

もしくはダイエットに失敗したことが原因でリバウンドしてしまったのではないか?

など原因しっかりと考えてみましょう。

自分が太ってしまった原因がわかるとどのような対策をとる必要なのかが見えてきます。

ストレスにより食べ過ぎが原因で太ってしまった人であれば、まずはストレスと向き合い、ストレスの元を断つように努力することで、

食事も普通にできるようになり、健康にいいダイエットをすることもできるでしょう。

そしてリバウンドをしないようにするためには、食事はきちんと摂りながら、ゆっくりと体重が減っていくようなダイエットが理想的です。

心にも体にも負担をあまりかけないですむダイエットを進めるために、無理はせず体や心を損なわないようにしなければなりません。

ダイエットに最適な食事方法

ケーキ、カロリー

糖類を摂取するときの注意点

まず、ダイエットをする際に一番大切なことは、1日の食事の摂り方を考えことでしょう。

具体的のどのように食事を改めればよいのか見ていきましょう。

砂糖を摂るとインシュリンの分泌が活発になるため、砂糖と脂肪を一緒に摂らないことが重要になります。

一緒に摂取してしまうと、脂肪が分解されずに体に蓄積されやすくなるので、体脂肪がつきやすくなってしまうからです。

ダイエット中は、食後の甘いものはなるべく控えて、糖分の多いソフトドリンクなども飲まないようにしたほうがよいでしょう。

ダイエット中も三食とることが大切

ダイエット中であっても三食の食事をしっかりと摂ることは重要です。

朝2、昼3、夕1くらいの割合でしっかり三食の食事をとるようにしましょう。

特に朝食は、体のエンジンをかけるために重要なものです。

朝食を抜くと体温が上がらず血流が悪くなり脳細胞の動きが鈍くなります。

朝ごはんのメニューにおすすめなのはたんぱく質が豊富なものです。

ダイエット中は朝食でたんぱく質を摂るようにしましょう。

昼食は1日のうちで一番エネルギーを摂取する必要があります。

バランスの良い食事をしっかりと摂りましょう。

しかし、高カロリーのものはおすすめできません。

バランスの良い和定食などが良いかもしれません。

夕食は1日のうちで一番軽めにするようにします。

脂肪は眠っている間に最も活発に蓄積されます。

脂肪を極力避けたんぱく質や野菜を中心としたメニューがいいでしょう。

食後の運動はインシュリンの分泌を抑制する効果があり、大変おおすすめです。

ダイエット中は夕食を摂った後に運動をする習慣をつけるとよいかもしれません。

夕食後の軽い運動を取り入れながら、以上のような食事の摂り方のポイントを参考にダイエットに取り組みましょう。

食事で始める簡単ダイエット

調理器具

ダイエットに適した調理法とは

簡単に始めることのできるダイエット法をここに紹介したいとおもいます。

普段食べている食事の調理方法を工夫することでダイエットに取り組んでみましょう。

調理器具はフッ素樹脂加工のフライパンや電子レンジ、グリルを活用しカロリーカットを意識することでダイエットに効果的です。

一般的にエネルギーの低いほうから蒸す、焼く、煮る、炒める、揚げるとなっていますが、この調理過程でもカロリーカットの工夫をすることが

できるのでダイエットに役立ちます。

また焼くならグリルを使うと余分な油を落とすことができ、煮る場合はしっかりとあくをとりましょう。

炒め物のときは、フッ素樹脂加工のフライパンを使って油を省くようにし、揚げ物のときは衣を薄くし、油はよく切った上にキッチンペーパーな

どでしっかり吸い取るといいでしょう。

ダイエットに食事日記をつけると効果的

調理法を見直してダイエットにいいやり方へと工夫しながら、同時に食事の日記をつけてみると効果的です。

ダイエットをしているという意識を持てればそれだけでも効果があることなので、特別詳しく記す必要はなく、

食事の時間や内容などを簡単に記して残しておく程度で充分でしょう。

このような日記をつけていると、自分の食事の様子を振り返ってみることもでき、無駄やダメな点があれば気づくこともできるので、

ダイエットには効果的なのです。

ダイエットも続けていれば習慣になるものなので、日記とともにひとつの習慣にして進めていけば効果が高まるでしょう。

食事制限ダイエットの注意点

注意

ここまで、食事によるダイエットについて紹介してきましたが、特に注意が必要なのは食事制限に関してです。

食事制限によるダイエットはスピードダイエットを行う方法のひとつとしてあげられますが、

長い時間をかけて行うダイエットとは異なり、太りにくい上に痩せやすい体質を作ることをわけではないので、

太りやすい体質自体を変えるのには向いていません。

場合によっては、スピードダイエットでやせられた体をなんとか保っていくことを心がけるうちに、

そのまま自然に長期にわたるダイエットへと進めていくことはできるでしょう。

食事制限ダイエットに挑戦する

食事制限ダイエットには、単品だけを食べるダイエットや一日の食事回数を減らすダイエット、

水以外を口にしない断食ダイエットなどがあります。

いきなり1日に摂るカロリーを大幅に制限するわけですから、当然一時的に痩せることはできます。

食事制限ダイエットをより効果的に行うために、健康食品やサプリメントを活用することも考えられます。

食事制限ダイエットをバックアップするサプリメントには、毎日食べる食事のカロリーを少なめに抑える働きをするものや、新陳代謝をよくして

消費エネルギーをふやす働きをするものなどがあります。

しかし、ここで注意が必要なのは、食事制限ダイエットでやせたとように思えるのは体内に蓄えられていてる水分が減少しているからであり、

体脂肪が減っているわけではないということに注意しましょう。

食事制限ダイエットはあくまでも短い間でインスタントに作られた体型と考えられ、2~3日の短い間なら維持することはできるでしょう。

しかし、負担の大きな急激なダイエットほど、直後のリバウンドの原因になりやすいということをしっかりと認識しておく必要があるでしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です