無理なく始める自宅開業の勧め

ワークスペース、仕事場
スポンサードリンク

目次



スポンサードリンク

自宅で開業のための準備

個人事業のメリット

趣味や特技を活かして仕事を始めるには、それなりの専門的な道具などが必要となる場合があるでしょう。

自宅で開業するということであれば、インターネットビジネスに限らず、情報収集や連絡手段としても、

パソコンやプリンター、それにネット回線、コピー機などは必要不可欠な物です。

自宅で開業をする場合は、個人事業ということになり、煩雑な手続きがない上に必要経費もだいぶ抑えられるという利点があります。

自宅開業のために最低限揃えるもの

インターネットビジネスなどで仕事を始める際は、ウエブサイトなどを立ち上げる場合もありますので、

あらかじめ制作用のソフトなども準備しておくとよいでしょう。
レンタルブログやメルマガなどで始める場合はは必要ありませんが、自分でウェブサイトを作れると、

仕事の幅が拡がりますので、できた方がよいでしょう。

その他、自宅開業する仕事がどんなものかによって、それぞれ必要になるものは変わりますが、

やはりなにかしら揃えなければならないものは出て来るはずです。

専門的分野での仕事の場合、特に新たに準備しなければならないものも増え、小さな道具だけでなく、

大きな機材などが必要になる場合もあると思います。 資金がある人なら問題ないでしょうけれど、

費用を最低限に抑えたい人にはあまりおすすめではありません。

自宅開業準備の注意点

事前準備が無理なくできなければ、自宅開業も苦しいことになるでしょう。

パソコン、プリンター、その他さまざまな必要機材も、先のことを考えてできるだけ自宅にある物を利用するようにした方がいいでしょう。

また、買わなければならない場合も、中古品などを利用し、負担にならないように自宅開業の準備をすることをオススメします。

開業資金について

独立して起業しようとするときに、気になるのが「お金」です。

趣味の延長といえるような仕事やインターネット関連のものであれば、開業資金はそんなに多くかかることはありませんが、

専門分野での仕事となると、それなりの資金が必要になることでしょう。

そういう場合、開業するための資金はどのようにして準備すればいいでしょうか。

開業資金の集め方

自宅開業の資金は、家族や親戚が助けてくれる場合、返済期限や金利などの心配はないですが、

金融機関から借りるにしてもそのリスクをしっかり考える必要があります。

ノンバンクなどは、借り入れしやすいというメリットはありますが、その分金利が高めに設定されています。

融資を受けるならやはり安全性を考えなければならいでしょうから、そういう点では政府系を選ぶことをおすすめします。

政府系の融資機関

国民生活金融公庫にある融資制度での普通貸付を利用すれば、借りる金額が4,8000万円を超えないということを条件に、

資金使途は自由で借りることができます。

仕事で使うために必要なもの、パソコンや車などを購入するため、または設備を整えるためなど、

とにかく開業のためにという場合に限らず、利用可能です。

つまり融資を受けるために利用目的を明確にする必要がないということです。

ノンバンクに比べると金利も低く設定されており、運転資金であれば返済期間が5年以内、

設備資金であれば12年以内という設定で、比較的無理のない返済計画を立てることができます。

「新規開業向け資金」や「女性・中高年起業向け資金」などもあります。

その他にもいろいろな「助成金」があります。

自宅で開業を始めるときには、こんな便利な制度を大いに利用するべきでしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です