エキストラのバイトを始める前に知っておきたい基礎知識

スポンサードリンク

目次



スポンサードリンク

エキストラのバイトの魅力

いつもとはちょっと違った体験ができるのがエキストラのバイトの魅力です。

アルバイトを始める時には、未知の世界を覗いてみたい、今までに縁経験したことのないことを経験をしてみたいという欲求も多少あるのではないでしょうか。

面白そうなバイトを経験できるならば、時給はそれほど高くなくて良いという人におすすめなのがエキストラのアルバイトです。

テレビドラマや映画などの、群集や通行人の役としてに出演するのがエキストラの仕事です。

いってみればエキストラは背景のようなものです。 しかし背景としてのエキストラがしっかりしていないと嘘っぽくなり、作品の質を落とすとにも繋がります。

ボランティアや内部スタッフでエキストラをまかなうこともありますが、一般的にはプロダクションの登録制、募集制のアルバイトです。

エキストラにはバラエティ番組の仕事などもあります。 エキストラのバイトは特別な技術は必要ありません。

ぎこちなさすぎる動きは指導されるかもしれませんが、元々素人なのですから特にきにする必要はないでしょう。

テレビや映画の撮影の雰囲気を味わい、芸能人を間近で目撃できる滅多にない機会として楽しめるエキストラのバイトはいつもと違った体験をするにはぴったりの仕事です。

エキストラのバイトは、年齢層も幅広く、いろいろな人が登録しているので、普段では知り合うことのないような幅広い人間関係が築けるかもしれません。

エキストラのバイトの申し込み方

エキストラのバイトは登録制がほとんどで、専門のプロダクション等のエキストラ派遣会社等に登録することから始まります。

それぞれの登録会社によってエキストラ募集の詳細は異なるようです。

エキストラバイトの登録から開始までの流れ

登録後は、自分が仕事をしたい前日に申し込みを行います。

そこからプロフィールに合ったエキストラの仕事を紹介してもらうのです。

仕事の紹介は自分のスケジュールに合わせてしてもらえます。

ただ都合よく自分の空いた日に合わせてエキストラのバイトができるとは限りません。

20代後半から30代の男性の需要がエキストラのバイトの中では一番あるようです。

本業が忙しいカテゴリの人たちなので、エキストラのバイトをスポット的にする人が少ないからです。

また、エキストラのバイトのスケジュールは本当に直前になるまで決まらないことがよくあります。

製作元の撮影スケジュールがギリギリまで決まっていないことが多いからです。

基本的には早い者勝ちでエキストラのバイトの仕事は決まっていきます。

ただ、年末などの撮影スケジュールがピークの時などに人数が集まらない場合には、派遣会社から「今日の夕方お願いできないか」「明日できないか」などと急に仕事を頼まれることがあります。

大きなドラマや映画などは公式ホームページやバイト情報誌でエキストラのアルバイト情報を出し、エキストラ募集をかけている場合もあります。

好きなドラマがあってそのエキストラに出たい人は、求人募集などを直接確認した方が確実でしょう。

エキストラのバイトの特徴

エキストラのバイトの拘束時間 一定した拘束時間ではないのがエキストラのアルバイトです。

エキストラのバイトの報酬は1回の仕事ごとに発生します。 短時間で仕事が終ることもあれば、延々と撮影に時間がかかって長く拘束されることもあります。

いずれにせよアルバイト代は同じです。 大体5時間前後の拘束時間が1回のエキストラのアルバイトになりますが、長いと10時間を越えることもあります。

早く終わるときは3時間ということもあるでしょう。

しかし、エキストラのアルバイトの拘束時間はほとんとが待機している時間です。

実際撮影にかかる時間はそれほど長くないのです。

本などを持っていって時間を潰せるようにしておくのも方法の一つです。

また、ずっと待っていても撮影にエキストラのお呼びがかからず、出番がないままで終ることもエキストラのバイトにはまれにあります。

天候の問題で予定していたシーンが撮影できなかったり、エキストラを使うつもりだった予定を変更し使わないことにする時などです。

予定が変更になってもお給料は普通に支払われます。 また、顔がはっきりと映らなかった場合などには、同じ作品にまたエキストラとして参加可能なこともあります。

エキストラの仕事の場合、顔がはっきり写ってしまうと同じ作品には呼ばれにくくなってしまいます。

出番が無いほうがエキストラのアルバイトにとっては得になるという考え方もあります。

ただし、目的がバイト代ではなくその作品に少しでも映ることそのものだった場合は、少々残念な気持ちになるかもしれません。

エキストラのバイトの注意点

注意

エキストラのアルバイトをしていて、危険な目にあうことはほとんどないようですが、いくつかの注意点があります。

過去にエキストラが撮影中の事故に巻き込まれるようなこともあります。

現地の状況は、実際にアルバイトに行ってみなければわかりません。

これはエキストラのアルバイトをするうえでの注意点になります。

屋内のスタジオでも足場の悪いセットや安定の悪い大道具や機器類が雑然と置かれている場合があります。

バイト中はある程度気をつけなければ、エキストラのアルバイト中に事故やケガをしてしまう危険性がないとはいえません。

撮影のときは、実際の季節とは全く違う設定の撮影をすること珍しくないのが、エキストラのバイトです。

真夏に長袖を着て撮影したり、真冬のさなかに夏のような薄着で長時間屋外で待機するようなことがあるのが、エキストラのバイトです。

撮影環境に合わせて自分でいろいろと工夫し、エキストラのバイトでも、自分の健康は自分で管理するようにしましょう。

もうひとつエキストラの注意点として、足場の不安定な場所に立たされたり、通行の指示が大道具がぶつかりそうなタイミングでくる時があります。

作品そのものにダメージを与えることになるようなトラブルが、エキストラのバイトに無理な行動をさせることでおこる可能性もあります。

できないことはできないと、はっきり断ることもエキストラのバイトをする上では大切なことです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です